2014年12月12日

第54話、硝子が魅力的に見える理由とは?

※このエントリは、第54話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第54話で、硝子は悲しみ、否定し、泣き、そして最後に最高の笑顔を見せます。


第54話、16ページ。

そして、その表情をみるとき、とても重要なことに気づいて、感慨深い気持ちになります。

ああ、そうか。
硝子は、ようやく感情を素直に表すことができるようになったんだ。
ポジティブな感情も、ネガティブな感情も。
だから、今回みせた硝子の最高の笑顔を、何の曇りもなく100%信じる事ができるんだ、と。


硝子は、将也の身代わり転落のあと、家族のコミュニケーションの断絶をひとしきり泣いた後、何かを決心して「外の世界」に出て行きます(第45話)。


第6巻56ページ、第45話。

「外の世界」に出ていってやろうとしたことは「待っているのではなく、自分で動いて壊れたものを取り戻す」こと。それが結果的に「映画撮影の再開」につながっていきました。

ところで、どうやらこのとき、硝子は「作り笑い」をやめたように見えます
その一方で、将也を傷つけた罪の意識からか、硝子は作り笑いではない、素直な「笑い」、喜びの感情も失ってしまったように見えました。
その結果として、各自視点回の硝子は、無表情のままひたすら映画再開のための勧誘だけを繰り返す「映画勧誘ロボット」というか、植野のことばを借りれば「ユーレイかと思う」ような姿に変貌していました。


第6巻142ページ、第50話。

真柴回で石田母と会ったとき、わずかに表情を見せましたが、その出会いも「対話拒否」という形でつぶされ、硝子は改めて「過ち」の重さを感じたと思います。

そんな硝子の「感情」が堰を超えてあふれ出したのが、映画が再会され、水門小のロケを終えた日、9月2日の深夜だったようです。
将也の「死」を予感した硝子は、いてもたってもいられず、深夜の街を走り「橋」にたどりつき、そこで、感情を爆発させて号泣しました。


第6巻180ページ、第52話。

その「こえ」に反応するかのように目覚め、「橋」に現れる将也。
その将也の前で、初めて硝子は、うれしさも悲しさもつらさも苦しさも、すべての感情を隠すことなく、将也の前にさらけ出したのだ、と言えると思います。

考えてみれば、硝子はまだ幼い小学校の頃から、結絃の前で、そしてクラスメートの前で、「作り笑い」をすることで辛い体験を乗り越えるという「適応」を行なってきました。
そんな「小学生硝子」の素直な「ネガティブ感情」を、たった一度だけ引き出したのも、よく考えれば将也でした(取っ組み合いのケンカ)

その後、高校生になって再会してからは、実は硝子はその将也の前でも「作り笑い」を続けていました
その感情の押し隠しがピークに達したのが橋崩壊事件後で、最後は笑顔のまま花火大会で別れ、自殺を決行するところにまで至ってしまったわけです。

そんな硝子が、ようやく硝子の前で、すべての感情を表に出せるようになりました。
だから、途中の涙に私たちも(将也も)心を打たれ、そして最後に見せた「心からの笑顔」に救われるのだ、と思います。
そして、その「笑顔」は「本物」なので、花火大会のときとは違って、将也も「信じる」ことができるわけです。

第54話の硝子が魅力的に見える理由。
それは、硝子が18年かけてようやく、「すべての感情をありのままに表出できる相手」を見つけたところにあるのだ、と思います。
posted by sora at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第55話、分かりにくいせりふの意味を考える(3)

※このエントリは、第55話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第55話に登場する、やや分かりにくいせりふの意味を考察しています。

3)この髪 ねーちゃんが切ってくれてるの 知ってた?(結絃)


第55話、16ページ。

このせりふ、表面的な意味は言っている通りですから全然難しくありません。
でも、それに対して将也が「そうなんだ っへ~……」と感心するような普通のせりふを返したら、結絃はジト目(期待したリアクションが得られなくてずっこけた気持ちを表現)をしていますから、そういうリアクションを期待していたわけではない、ということが分かります。


第55話、17ページ。

ここは結絃は、将也から、

「えっ、西宮って髪切れるの?なんで?」

みたいなリアクションを期待していた
に違いありません。
そして結絃はその流れで、

・硝子がいま理容科に在学している(だからカットができる)こと。
・小5のときに出会った石田母が理容師を目指すきっかけだったこと。


を語りたかったんだと思います。

「そろそろチューくらいはしてもいいんだぞ」とまで言っていた結絃ですから、勢いで「うちのねーちゃんをこの店の跡継ぎにしてもいいんだぞ」くらいは言おうとしていたのかもしれません。

でも、そういう大事なときに限って必ずボケをかます将也…(笑)


4)次は俺もああやって(将也)


第55話、18ページ。

このせりふ、将也は酒を飲んで盛り上がっている石田・西宮両家の母親を見て言っています。
となると、「ああやって」というのは、ストレートに読むと「酒を飲んで盛り上がる」ということになってしまいますが、将也は(もちろん硝子も)まだ高校生ですので、酒を飲んで、の部分は修正して、「食べたり飲んだりして」盛り上がる、という風に解釈するのが適切だと思います。

そして「ああやって」、その結果としてどうするのか、というところですが、席を外す前はまだまだよそよそしくて、しかも少し険悪な雰囲気まで漂っていた石田母・西宮母が、戻ってきたときには(酒のおかげで)すっかり意気投合して親密になっていたわけですから、ここで将也がイメージしているのは、「自分と硝子も、同じように意気投合してもっと親密になりたい」ということだと思います。

そう考えると、この将也のせりふは、こんな風に読み取れるのではないでしょうか。

「次の機会には、俺も硝子と、食べたり飲んだりして楽しく盛り上がって、いま以上に意気投合して親密になりたい」

確かに、みんながコンビニに出向く前の食卓は、暗くてどんよりとした雰囲気でしたから、まあシンプルにいって「また硝子と家で食事をする機会があったら、今度はこんな風にわいわいと盛り上がりながら食べたいな」くらいの気持ちだったのかもしれませんね。
ラベル:第55話
posted by sora at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第55話、分かりにくいせりふの意味を考える(2)

※このエントリは、第55話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第55話に登場する、やや分かりにくいせりふの意味を考察しています。

2)そうか… そーだったのか… 知らないこと あるもんなんだなあ



これは、硝子が転校直前にヘアメイクイシダで髪を切っていた、という話を聞いて、将也が思わずつぶやいたせりふです。
これ、ちょっと読むと、硝子がヘアメイクイシダにカットをしにきた日(将也が度胸試しで川に飛び込んでいる間に靴を盗まれた日と同じです)のことを将也が覚えていて、


第1巻27ページ、第1話。

ああ、あの日にお客として来ていた、あの女の子が西宮だったのか それは気づかなかったなあ。

という意味で話しているように見えます。

…が、よくよく読んでみると、このせりふはそういう意味ではないことが分かります。

このせりふの直前、将也は「あの おかっぱな感じの…! へー」と言っています。
そして、上記のせりふが書かれたコマで、硝子は後姿でボブカット(おかっぱ(笑))になっています。

ここまで見ていくと、ある「矛盾」があることに気づきます。

「あの日」、将也が硝子を店の待合室で見たとき、硝子はまだ髪を切る前のセミロングでした
そして、その後の騒動(第1巻番外編)を将也は見ていないので、将也は「あの日」にはボブカットになる前の硝子しか見ていないのです。
さらにいうと、将也が硝子を見かけたとき、硝子は後姿ではなく前向きで雑誌を読んでいました。

つまり、ここで「ボブカットで後姿の硝子」を思い出しているということは、将也が思い出しているのは「あの日」の硝子ではなく、「転校してきたころ」の硝子だ、ということになるわけです。
そして、ここで思い出している映像は、自分の前の席に座っていた硝子を後ろから眺めたものということになるのでしょう。
ちょうど一番最近で言えば、第53話で将也の夢の中に出てきた「障害がなく普通に話せる硝子」の後ろ姿が、まさにこのページの硝子とまったく同じです。


第53話、1ページ。

というわけで、このせりふで将也が言っているのは、

転校してきたとき、硝子はボブカット(おかっぱな感じ(笑))だったけど、あの髪はうちで切ってたのか、それは知らなかったなあ。

という意味になるのだと思います。

つまり、さすがの将也も、まさか硝子が実際にカットしにきた日にも本人と会っていたということまでは思い出していない、ということになるわけですね。
もしそのことを思い出したら、(憧れだった理容師が実は将也の母だったと知って驚愕した硝子と同じく)将也もまたあまりの運命のいたずらに驚くことになるのかもしれません。
posted by sora at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第55話、分かりにくいせりふの意味を考える(1)

※このエントリは、第55話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第55話で、さっと読むと具体的になにを指しているのか分かりにくいせりふが2つほどあります。
このエントリでは、それらのせりふを取り上げて、それぞれの登場人物がそのせりふに込めた意味を考えてみたいと思います。

1)私たちは幸運すぎます(西宮母)


第55話、9ページ。

「私たち」といっていますが、ここの主語は「西宮家の全員」だと思います。
そして、「幸運すぎます」の対象は「硝子の命を将也が救ってくれたこと」に加えて、「将也の命が無事だったこと」でしょう

まず、硝子の自殺を将也が救った、ということだけを見ても、西宮家にとっては幸運すぎる食らうの幸運だと思います。

西宮母の視点で改めて振り返ってみると、直前の花火大会まで朗らかに生きていた硝子が、突然自殺を決行してしまったわけですから、それだけで大変なショックだったでしょう。
もし「たまたま」将也が絶妙のタイミングで部屋に乗り込んでくれていなければ、硝子はもうこの世にはいませんでした。硝子は自殺を現に「決行」してしまっており、すでに飛び降りてしまった硝子を将也が空中でつかんでいるわけですから(そこもそこで「ものすごい幸運」です)、将也があの場にいなければ、確実に硝子は転落して命を落としていました。

西宮母は、硝子の自殺の兆候を見抜くことができませんでした。
恐らく、今回の自殺だけでなく、硝子が幼いころからそういう気持ちを心に秘めていたことも、西宮母は気づけていなかったのではないかと思います。

そのことについては、西宮母はその事実を、初めて結絃から聞かされたのではないかと予想します。
第45話で、結絃は「硝子の自殺を防ごうとして」ずっと撮影し続けていた死体の写真をすべてはがしました。
その写真はがしのとき、西宮母とのやりとりがあったことがまんがの中でも描かれています。


第6巻50ページ、第45話。

そこではごく簡単な会話だけしか描かれていませんが、実際には、この場面、さらにはそれ以降も含めて、なぜ死体写真を撮っていたのか、結絃は西宮母にしっかり伝えたのではないかと思います。

その話を聞いて、西宮母には2つの思いが生じたのではないでしょうか。

1つは、自分がいかに硝子のことを理解していなかったのかということに対する後悔です。

硝子がそれほどまでに人生に絶望していたことを、幼い結絃ですら気づいていたのに、自分は気づかなかった。
そして、硝子はそういった率直な気持ちについて、結絃には伝えて自分には伝えなかった。

西宮母は、辛うじて命をつないだ硝子に対して、これからはちゃんと「こえ」を聞こう、話をしよう、と決意したのだと思います。
(今回、将也宅で食事中に手話が飛び交うのを西宮母が特に止めなかったのも、そのことと関係があるかもしれません。)

もう1つは、そんな風に「硝子の絶望」を知っていた結絃でさえ、今回の硝子の自殺を察して止めることができなかった、ということへの悲しみです。

つまり、西宮母は「硝子の絶望、自殺念慮に気づいて、硝子の今回の自殺を阻止する」というところから最も遠いところにいて、将也がいなければ絶対にそれを止めることができなかったわけですが、そのあたりについて多少は分かっていた結絃でさえ、今回は手を打つことができなかった、ということです。

そう考えると、将也が「その場」にいあわせた偶然と、自らの命も顧みず硝子を助けた将也の勇気ある行動があったおかげで硝子の命は救われ、それらがなければ西宮家の家族は硝子を失っていたことになります。
このことを「幸運すぎる」と呼ぶのはとても自然なことです。

そしてもう1つの「幸運」は、硝子救出の結果、転落してしまった将也の命が無事だった、ということでしょう。
硝子は助かりましたが、もしも代わりに将也が命を落としたり、深刻な障害が残ったりしていたなら、硝子と西宮家は将也を傷つけた「罪」を一生背負い続けなければならなかったでしょう。
将也はマンションの相当高いところから転落して、大ケガをして2週間も昏睡していましたが、幸い無事に目覚め、大きな障害も残さず復帰しました。
これもまた、西宮家にとって、非常に大きな幸運であったことは間違いありません。

端的に言えば、2人の命が失われる可能性があったにもかかわらず、結果的にはどちらの命も助かったこと。
このことをもって、西宮母は「私たちは幸運すぎます」と言ったのだ
と思います。
ラベル:第55話 第45話
posted by sora at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする