2014年12月08日

第58話を社会心理学の視点から読み解く(1)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

今回、第58話で描かれたやりとりが、心理学的な観点から見て、すごく「典型的」な部分があって面白かったので、今回はちょっとそっち系のネタを書いてみたいと思います。

第58話の前半で、永束らが制作した映画が否定的に評価されたことに端を発する言い争いが発生します。


第58話、10ページ。

簡単にまとめると、せっかくみんなで頑張って制作して、出来にも自信があった映画を、著名な審査員に評価してもらうんだからきっと高く評価されるだろう、そう期待していたのに、結果はこっぴどく叩かれて作品を否定されてしまった、そういう状況に陥ってしまったわけです。


第58話、7ページ。

この「みんなで頑張って作った映画なのに、審査員から評価されなかった」という状況は、映画メンバーに、社会心理学でいうところの「認知的不協和」という状態をもたらした、と考えられます。

というわけで、このあとの説明のために必要になりますので、ここで社会心理学の用語である「認知的不協和理論」について簡単に説明しておきたいと思います。

「認知的不協和理論」とは、ヒトが何か矛盾する認知を同時に抱えると、ストレスがかかった状態になり、その状態を解消するために態度や行動を変更する、という考え方です

たとえばある人が、「私はタバコを吸っている」と「タバコは体に悪い」という2つの認知を同時にかかえたとします。
そうすると、これらは「矛盾」しており、この状態を「認知的不協和」と呼びます。
このような状態(矛盾する2つの認知をそのまま抱えている状態)が続くとストレスになるので、その人は例えば次のように態度や行動を変化させて、「不協和」を解消しようとします。

・タバコを吸うのをやめる。
・タバコは別に体に悪くない、と考える。
・タバコより交通事故とかのほうが危険だから、タバコはまだマシ、と考える。
・運動を始めて、タバコのマイナスを運動のプラスで穴埋めしようとする。


(どの解決法がいいとか悪いとかいうのとは別の話として、こういう「認知の傾向がある」というのが、認知的不協和理論がいっていることです。)


さて、話をまんがに戻したいと思います。

今回、映画を酷評された直後の映画メンバーは、まさに上記のタバコのケースと同様、「認知的不協和」をかかえた状態になっていることがおわかりいただけるのではないかと思います。

具体的には、以下のような「矛盾する認知」を同時に抱えてしまった状態です。

1)自分たちの映画は優れている
2)審査は適切に行なわれた
3)自分たちの映画は賞賛されなかった
ラベル:第58話
posted by sora at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第58話、リフレインの中でブーメランを投げる将也(3)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

さて、橋崩壊事件以後の経験から、将也が「他人というのは一部しか分からないものだ」という「教訓」を学び、それによって他人を肯定的に受け入れることができるようになったとすれば、今回、第58話で将也が審査員に対して「わかってもらうためにもう一度見てもらう」という行動をとろうとしたことは、必然的に「否定的に回収」されることになります

なぜなら、

(コミュニケーションというのは不完全なものだから)他人というのは一部しか分からないものだ

という考え方は、裏返せば、

(コミュニケーションというのは不完全なものだから)自分というのも、他人に一部しか伝わっていないものだ

ということでもあるからです。

つまり、将也が言った「みんなのこと、知らないことのほうが多い」のと同じように、「映画を作っても、伝えたいメッセージは一部しか伝わらない」のが当たり前なのです。

その、「一部しか伝わらない」なかで、審査員がどんな評価を下すかは、ある意味、もはや「」でしかありません。
そして「不運」なことに、今回、映画メンバーが映画をとおして伝えたかったことは、審査員にはほとんど伝わりませんでした。

ここで、もしも、「伝わらなかった」対象が、「大切な仲間とのコミュニケーション」だったのだとすれば、とるべき対応は、伝えたいことが伝わるように、粘り強くコミュニケーションを続けていくことでしょう。そしてそのためには、コミュニケーションをとる相手もまた、その粘り強いコミュニケーションに付き合っていく覚悟があることが必要です。

翻って、選考会の審査員というのはどうでしょうか。
一度低い評価を下した映画をもう一度見たからといって、その審査員の評価が変わるなどということはおよそ考えられません。そして当然ですが、一度落選した映画をもう一度見るなんていうのは「ルール違反」なうえ、審査員自身がそんなことにまったく興味を示さないでしょう。

つまり、まさに島田が言ったとおりなのです。
「たまたま」、「糞みてーな奴」にあたってしまったおかげで、映画で伝えたかったことは何一つ伝わらなかった、そしてそれで選考会は終わりで、「伝わらなかったこと」を受け入れるしかない、ということなのです。


第58話、12ページ。

ここで将也が熱くなってしまうのは、「コミュニケーションとは限界のある弱いものである」「伝わらない、ということをそのまま受け止めなければならないこともある」という、ある種の大人びた「諦め」に将也がまだ到達していないことを示しています。
そして、それと対照的に描かれたのが、島田ということになります。

ただもちろん、これは将也が間違っていて島田が正しい、ということではありません。
将也には幼い部分があり、その部分において島田は大人びている、ということを示しているに過ぎません。
そして、こういう子どもっぽい熱さこそ、「かつての将也」と「いまの将也」がようやく統合され、前に進み始めた将也の個性であり、魅力でもあるのだ、とも思います。

それに、他ならない将也自身が、映画メンバーの誰もが「いちばん映画を理解して欲しかった」将也が、酷評された後も、改めてちゃんと映画のことを「最高だ」と言った、その「熱さ」は映画メンバーにはちゃんと「刺さった」はずですからね。(^^)


第58話、11ページ。
ラベル:第58話
posted by sora at 07:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第58話、リフレインの中でブーメランを投げる将也(2)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第58話で、審査員の無理解に怒り、「理解してもらうために」もう一度映画を見てもらおうとした将也の行動は、島田から一蹴され、また他の映画メンバーも支持しなかったことで、否定的に回収されています。

なぜでしょうか?
それは、「映画メンバーに暴言を吐く」という第58話での審査員の言動が、橋崩壊事件での将也の暴言行動と対応している、というところから読み解くことができそうです。

将也は橋崩壊事件のときにメンバー全員に暴言を吐き、それが映画メンバーの瓦解につながりました。
その後、そのことを反省した将也は、前回、第57話で、こんな風に言って暴言を吐いたことを謝罪します。


第57話、13ページ。

将也「みんな ありがとう あと…ごめん…
   みんなのこと 知らないことの方が多いのに 傷つけるようなこと言って」


そういえば、橋で硝子に謝ったときも、同じように「話してくれることが全部なんてありえないのに」と将也は語っていました。


第54話、6ページ。

この、「コミュニケーションですべてのことが相手に伝わることはない」、あるいは「コミュニケーションで伝わってきていることは相手のすべてではない」というのは、物語後半にきて、この聲の形で作者が伝えたいコアメッセージであるような気がしてきています。

ところが、選考会で暴言を吐かれたあとに将也が取ろうとした行動は、彼の中に、いまだ以前と同じような思考回路が残っていることを示していると思います。

審査員はぜんぜんわかっていない。
映画でみんなが伝えようとしたことが、ぜんぜんわかってない。
だから話をして、もう一度ちゃんと見てもらおう。
そうしたら、伝えたかったことがちゃんと伝わるはず。


将也が、橋崩壊事件以降、学んだ教訓とは、何だったでしょうか?

それは、先にも触れたとおり、「コミュニケーションで伝わるのは相手のごく一部にすぎない」ということでしょう。
だから、人と接するときには、お互いに相手のことを知らない、理解できていない部分がたくさんあるんだということを前提にして、謙虚につきあっていかなければならないし、関心がある、大切に思っている相手とは、長い時間をかけて少しずつ理解を深めていかなければなりません。
「ひとは、簡単には分かりあえないものなのだ」と知ることが、ひとを理解し、共感するための第一歩になるわけです。

さて、そう考えたとき、「審査員から『ぜんぜんわかってない』評価をくだされてしまった」とき、とるべき態度とは、どういったものになるでしょうか?
posted by sora at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

第58話、リフレインの中でブーメランを投げる将也(1)

※このエントリは、第58話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

第58話は、「かつての映画メンバー」が瓦解した「橋崩壊事件」と同様の事態を、「新たな映画メンバー」が「選考会」という形で再び経験し結束が試される、というリフレイン構造になっていると考えるとその意味するところが理解しやすくなると思いますが、そう考えると、今回の将也の立ち位置と、ある島田のセリフの意味が少し見えてくる気がします。

橋崩壊事件と今回の選考会とのリフレイン構造を比較するとき、映画メンバー全員に暴言を吐きまくった今回の審査員は、橋崩壊事件で全員に暴言を吐いた将也と対応することは明らかです。


第58話、6ページ。


第5巻131ページ、第39話。

そして、将也はこの問題の解決するために「審査員が全然分かってないからちゃんと見てくれるように言ってくる」という行動をとろうとしました。

考えてみると、この将也の選択は、ある種の「ブーメラン」になっていることが分かります。

というのも、将也が怒っている対象である審査員とリフレインで重なっているのが、「橋崩壊事件」における将也だからです。

つまり、この場面で、将也は「リフレインされた自分自身」に対して抗議しようとしていることになるのです。

そして、この「審査員への抗議」という「行動の選択」は、物語の中で、賢明な行動なのか愚かな行動なのか、どちらだとして扱われているのでしょうか?

それは、島田のセリフと、その後の展開(さらにこれまでの物語の流れ)から示されているところから判断すると、

愚かな行為として扱われている。

ということが分かります。

島田は、石田の行動を、わざわざ声をかけてまで制止し、

島田「やめろよ石田 相変わらずダセーな」
  「糞みてーな奴に認められて 嬉しいのかよ」



第58話、12ページ。

と一蹴しました。

そして、島田以外の映画メンバーも、そのあとの島田の「片手間だからこんなモンだろ」のせりふに乗っかり、自分たちなりに納得して問題を解消してしまいました。

結果として、将也の行動は映画メンバーからは無視され「却下」された形になっています。

なぜ、作者はこの将也の行動を否定的に回収したのでしょうか?

それは、先にも書いたとおり、将也のこの行動が「ブーメラン」になっている、というところを踏まえると見えてくるように思います。
ラベル:第58話 第39話
posted by sora at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする