2014年12月03日

第61話、将也の「読み取りミス」の理由をメタに考える

※このエントリは、第61話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

さて、第61話では、植野の話によって、硝子の志望が美容師である、という将也の誤解が解消されました。


第61話、5ページ。

この誤解は、第59話で硝子が将也に示した「理容師を目指している」という手話を、将也が「美容師」と読み取りミスをしたことによって起こったわけですが、では、なぜ将也はこの場面で読み取りミスをすることになったのでしょうか?

KOEKATA_59_009d.jpg
第59話、5ページ。

これは、物語の展開上そうせざるを得なかったという、メタの理由が大きかったんだろうと思います。

作者が将也と硝子の進路というテーマで、盛り込みたかった展開というのは、恐らく次のようなものでしょう。

1)硝子に上京させ、それをめぐって将也に葛藤が生まれる。
2)硝子上京をきっかけに、将也は進路を真面目に考え、実家の店を次ぐことを決意する。
3)硝子と将也の進路を最終的に一致させることで、エンディングで人生を一緒に歩むことを描く。
4)ただし、進路の一致がお互いへの依存の結果だと映るようには描きたくない。


ところがこれ、1)と2)の時点で既にねじれていることがわかります。

1)硝子の上京、を将也に伝えようとすれば、当然硝子が理容師志望だということを伝えなければなりませんが、それを伝えてしまうと、2)で実家を継ぐ選択をしたときには既に硝子の理容師志望を知っていることになり、「硝子の後追い」になって4)の狙いから外れることになります。

だからといって、完全にばらばらに将也と硝子が進路の話をする前から理容師を目指すことを決めていたら、2)の「硝子の上京話をきっかけに、将也がそれまで真剣に考えたことがなかった自分の進路について考える」という展開になりません(上京を知った時には進路が決まっているため)。

だとすると、大変奇妙な形として、

1)硝子の上京話は知っているけれども、硝子の進路は知らない
2)硝子の上京話を聞いてから、将也は進路を真剣に考え、「理容師」という道を選ぶ
3)その後で、将也も硝子も理容師志望だったことを初めて知る


という展開を無理にでも作らなければならないことになるわけです。
そのために採用されたのが、「手話の読み取りミス」という展開だったのですね。

1)の時点では、「上京する」という情報だけ正しく得て、「進路は理容師」のほうは手話誤読によって知らない設定にして、2)が終わったあとで、今回のように植野の話によって「実は進路は理容師」という情報が初めて与えられる、という形になったわけです。

そういう意味では、さらに遡って第55話で、硝子がヘアメイクイシダの店内をみて興奮しているとき、結絃が言った「さすが理容科」というせりふを、将也がききとれずに「いおーか?」と言っているのも、今回の展開につなげるための必然的な伏線だったことになります。


第55話、15ページ。
posted by sora at 07:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

タイムスキップ連発、第61話の「時間考証」を試みる(3)

※このエントリは、第61話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

このエントリでは、タイムスキップによって、時間軸の異なる13のシーンに分かれている第61話を、カレンダーにマッピングしています。
ここまで、前エントリで示した1)から13)のシーンのうち、1)から6)について、日付を確定させました。

次に7)から10)ですが、ここで私は1つの仮説をおきたいと思います。

それは、

7)と8)、そして9)と10)は2コマずつ、それぞれ同じ日なのではないか?

ということです。

7)と8)のコマ、9)と10)のコマでそれぞれ気づくのは、この組み合わせだとそれぞれ「同じ登場人物のカブりがない」ということです。
ですから、同じ日の違う場面を2コマずつセットで描いている、と考えられそうなのですね。

そう考えると、7)と8)のコマというのは、

硝子はヘアメイクイシダのお店スペースを閉店後の夜に貸してもらって、結絃の髪をカットした。
そのとき石田家には西宮母も来ていて、ダイニングで酒盛り発生。バイトか学校から帰ってきた将也がそれを発見して唖然。


という、一連のシーンではないかと想像するのです。

同様に、9)と10)については、

太陽女子メンバーでクリスマス会が開かれ、将也・硝子・結絃(もしくは結絃のみ)も招待される。カメラ係の結絃のカメラに向かって佐原がVサインをするシーンが9)で、クリスマス会のあと、思い出の「メチャクチャいいパン」を買ったあと、結絃のための参考書や、硝子のための上京の資料になる本を買うために書店に立ち寄る3人。

という、一連のシーンだと想像します。

そして、クリスマス会は12月だと思われますから、

7)11月か12月。
8)7)と同じ日。
9)12月。
10)9)と同じ日。



第61話、15ページ。7)から10)までに該当するコマです。

ということになりますね。(今回も、残念ながらこれ以上は細かくわかりません。)

さて、残りは11)から13)になりますが、ここは順当に、

11)3月。


第61話、15ページ。11)に該当するコマです。

12)3月末。
進路が「学校」なら、上京が4月初頭ということも考えられますが、お店ですから、4月1日から働くことになるでしょうから、上京は3月でないとおかしいと思います。


第61話、16ページ。12)に該当するコマ。

13)12)の翌々年の1月。
成人式は、「その年度に20歳になる人が、その年度の1月の式に参加する」もののようですので、「翌年」ではなく、「翌々年」というのが正しいようです。


第61話、18ページ。13)に該当するコマです。

のようになる、と思います。

…これで、ようやく第61話のすべてのシーンを、カレンダー上にマッピングすることができました。

1)〜3):10月下旬
4)〜6):11月上旬
7)〜10):11月下旬〜12月
11)〜12):年が明けて3月
13):2年後の1月


連載当初から作成を続けていた「聲の形カレンダー」ですが、なんとか最後まで一定の精度で完成させることができそうな見通しが立ってきました。

というわけで、「聲の形カレンダー」も、最終更新をかけたいと思います。
タグ:第61話
posted by sora at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

タイムスキップ連発、第61話の「時間考証」を試みる(2)

※このエントリは、第61話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

タイムスキップによって、時間軸の異なる13のシーン(前エントリ参照)に分かれている第61話を、カレンダーにマッピングするエントリです。

前エントリで示した1)から13)のシーンのうち、3)は10月28日(火)であることが分かりました。

そして、2)については、将也・植野が制服だということと、3)との間に土日がはさまったら、将也は待ちきれずに硝子とメールで理容師の話をしてしまいそうだということを考えると、

2)は10月27日(月)

KOEKATA_61_009.jpg
第61話、9ページ。2)に該当するコマです。

と考えるのがいいでしょう。

問題は1)ですが、結絃が制服を着ていることから平日、そして、西宮母の発言を受けて改めて家族会議、上京を決意して、2)の月曜日に硝子が学校に話をして、その流れで結絃が将也に電話、と考えると、家族会議を土日にやったと考えるのが自然ですから、

1)は10月24日(金)


第61話、1ページ。1)に該当するコマです。

と置くのが一番しっくりきます。

これで、1)から3)までの日付が決まりました。

続いて、7コマ連続するタイムスキップである4)から10)までです。
4)から10)は、11月から2月までに起こったイベントであることは、10)と11)の間にカレンダーをめくって3月にするシーンがあるので確定です。

ここで、実はかなりピンポイントで日付がわかるのは、6)です
6)のコマをよく見ると、結絃の右後ろに本が6冊積み重なっています。1冊目からみて、「マガジン」が積み上がっているようです。


第61話、14ページ。6)に該当するコマです。

そして、2)のとき、植野が毛布にくるまって寝ているシーンで、同じ場所に、「マガジンらしき雑誌3冊」と、「大きさの違う本1冊」が積み重なっていることに気づきます。


第61話、2ページ。2)に該当するコマです。

つまり、

6)は2)の3週間後である(区切りは水曜日)

ということが推測できるわけです。
2)は10月27日でしたから、水曜区切りで3週間後というと、

6)は11月12日(水)から11月18日(火)の間のどこか

ということになります。
ところで、第60話で結絃が将也に勉強を教えてもらっていたのは「水曜日」でした。
だとすると、もしかすると勉強を教えるのは毎週水曜日になっているかもしれません。
そうすると、上記の期間のうち水曜日ということだと、

6)は11月12日(水)

と考えてもいいかもしれません。
ちなみに、第61話が掲載されているマガジン50号は、「11月12日(水)」に発売されていますから、ここで推測した6)の日付にぴったりと合っています
そこまで伏線をはっているとはちょっと思えませんが、興味深いことです。

続いて、6)を基準として残りを考えてみたいと思いますが、4)と5)についてはまったくヒントがないので、これ以上進みようがありません。

4)11月上旬
5)11月上旬?(平日)
6)11月12日(水)



第61話、14ページ。4)から6)に該当するコマです。

というのが限界ですね。
タグ:第61話
posted by sora at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

タイムスキップ連発、第61話の「時間考証」を試みる(1)

※このエントリは、第61話連載時に書いたものです。そのため、その後の連載の内容と齟齬があったり考察に変化がある場合があることをご了承ください。

さて、第61話では、最初のコマは高3の10月で、最後のコマは20歳の成人式ということで、たった18ページで2年と2か月もの月日が経過しています
しかもその間、時間が一気に飛ぶのではなくて何度もタイムスキップを繰り返して時間が進んでいますので、どの場面がいつ頃のシーンなのか、細かく考察していく必要がありそうです。

第61話を、時期ごとに区分けして整理すると、以下の通りになるでしょう。

1)結絃が西宮母から、「あんたがいいなら」硝子の上京を認める、と聞かされるシーン。

2)それを電話で将也が聞くシーン〜植野と公園で話すシーン。

3)将也と硝子が橋で将来の夢について語り合うシーン。


そして14ページの下から15ページの上まで、タイムスキップしながら進む7コマが続きます。

4)将也が自宅で勉強しているシーン。
5)東地高メンバーがランチを食べているシーン。
6)将也が自宅で結絃に勉強を教えているシーン。
7)硝子が結絃の髪をカットしているシーン。
8)石田母と西宮母が飲んだくれているシーン。
9)太陽女子メンバーのクリスマス会。
10)将也、硝子、結絃の書店での買い物。


さらにそのあとに、次の3つのシーンが時間を飛ばしながら展開します。

11)東地高の卒業式。

12)硝子の上京シーン。

13)ラストのコマ、成人式当日。


3)と4)の間に、カレンダーをめくって11月にするシーンが入っていることと、既に第60話までで10月の初旬になっていたことから、まずは1)から3)が「10月」であることは間違いないでしょう。

そして、1)で結絃のテスト結果が50点にまで上がっていること、第60話ではまだ「地元の大学」とか言っていた将也が、2)では地元の理容学校に進路を決め、願書までもらってきていることなどから、第60話からはある程度の時間がたっていることが予想されます。

そして、2)で硝子が目指しているのは理容師だと聞かされた将也は、そのあとすぐの「火曜日」に橋でその話題を語るだろうと思われますので、

3)は10月28日(火)


第61話、13ページ。3)に該当するコマです。

で確定していいと思われます。
タグ:第61話
posted by sora at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする