2014年11月27日

聲の形における「因果応報」を考える(8)

密かに息を潜めて「その瞬間」をうかがっていた「因果応報」の時限爆弾は、第5話中盤の「橋崩壊事件」で、ついに爆発します。

将也を連れてやってきた橋の上で、植野は小学校時代の一連のいじめについて「みんな同罪、私たちも悪い、だから将也を責められない」と主張します。
これは、小学校時代の学級裁判で将也が主張した内容と、よく似ています。
そしてその結果として、やはり学級裁判と同じような仲間割れが起こります。


第5巻128ページ、第39話。

将也のかつての仲間の輪を取り戻そう(それによって自分の過去も取り戻したい)と考えた植野が、逆に「かつての学級裁判のときと同じように」仲間の決裂を決定的にしてしまったという意味で、ここではまず植野に「因果応報の罰」が与えられていることが分かります。

そしてそこから、将也がこれまでの鬱憤を晴らすかのように暴言を吐きまくり、真柴に殴られて、硝子・結絃を除くすべての仲間関係を拒絶して破壊する「橋崩壊事件」につながりますが、ここはもちろん、将也の因果応報の「爆弾」が炸裂したことを意味しています。
最後に将也が真柴から殴られたシーンは、学級裁判後に将也が島田らから殴られるシーンのリフレインであり、それを硝子が目撃することで、硝子は「呪い」が再発動したことを確認していることになります。

そして、その後のデートごっこから西宮母の誕生日会、花火大会、硝子の自殺決行の流れのなかで、硝子の「爆弾」が炸裂していきます。
もともと硝子は小学校時代、当たり前の友人関係がどうしても作れずいじめを受けてしまうことに絶望して「死にたい」と漏らしたことがあり、この頃に既に「爆弾」は埋め込まれていましたが、それが高3になって発動してしまったわけです。

硝子は、橋崩壊事件の最中には「障害ゆえに」何も理解できず何も対処することができませんでした。加えて、その日の夜に結絃から真相を聞かされ、将也の「自分への」いじめが蒸し返されて橋崩壊事件に至ったことを知ります。

これによって、硝子は「関わった人間を不幸にする」という呪い(罰)がまた発動してしまった、と絶望したことでしょう
そして硝子は、デートごっこのときにそのことを将也に伝えます。(カレンダーの分析によれば、このデートごっこは橋崩壊事件の「翌日」に行われています。)

そして、デートごっこ中に負傷し、「私と一緒にいると不幸になる」と突然告げられた将也は一瞬ぎくりとし、その場ですぐに硝子のことばを否定できませんでした。


第5巻154ページ、第40話。

このとき硝子は、将也も同じように「一緒にいると不幸になる」という意識を共有していることを確信し、自殺を決行してしまうわけです。

これが、第42(=「死に」)話までのストーリーです。
第42話までで、それまでに埋め込まれていたすべての「因果応報」の時限爆弾が炸裂し、将也も硝子も(そして植野も)最大級の「罰」を受け、物語はどん底に到達します
posted by sora at 07:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 第5巻 | 更新情報をチェックする

聲の形における「因果応報」を考える(7)

第4巻までの物語は、「因果応報」をうやむやにしながらハッピーエンドに向けて進んでいるように見えましたが、実際には因果応報の理(ことわり)はたえることがなく、どんどんエネルギーを蓄えながら、いつか炸裂する瞬間を待っていました。
そして、その「因果応報の爆弾」が実際に炸裂したのが、第5巻ということになります

第5巻で、まず炸裂したのは将也の「爆弾」で、それを誘爆したのは植野の「爆弾」でした

将也は、夏休みの登校日に川井に過去のいじめ(=まさにこれが将也にとっての因果応報の起点となる「罪」です)を暴露され、ようやく生まれ始めた仲間関係をすべて失った(=こちらは因果応報の「罰」です)と感じ、橋に行くのを避けようとします。
実際、将也はこのときに、自らが因果応報のループにとらわれていることに対して自覚的であることを示す、こんなせりふを語っています。

将也「きっと 遅かれ早かれ こういう日がくる運命だったんだ
   避けて通れない……
   昔のこと なしにして… 人と上手くいくことなんかないって 思いしらされる日が…
   罰が足りないんだ… 俺には…」



第5巻117ページ、第38話。

そんな風に、将也が因果応報の罰に改めて打ちのめされそうになっているところに現れたのが、植野でした。
植野は、ためらう将也を強引に橋に連れて行こうとしますが、そのときに言ったセリフがまさに、「インガオーホーなんてくそくらえ!」でした。


第5巻118ページ、第38話。

このせりふは、連載で追いかけているときには「なぜインガオーホー?」とやや唐突に映りましたが、実は将也の直前のせりふがこの「因果応報」の内容について語っているものになっていますし、また全体をとおして振り返ってみれば、まさにこのシーンは、将也が、そして植野が、それぞれの因果応報にどのように立ち向かっていくかということを語っている場面になっていることに気づきます。

実はこのシーンは、植野にとっては本当に特別な瞬間でした
「これは私の挑戦 うまくいかなかったら 私を責めていいよ だからさ 橋に行こう」と、心を込めて強く迫る植野に対して、将也は「なんで…」ととまどっています。


第5巻119ページ、第38話。

「お前 俺のこときらいだったろ」「考えれば考えるほど 植野のこと 意味わかんねーし」と、植野のことを意味不明の存在としてまともに相手していなかった将也が、唯一、この場面でだけ、植野と情を交わした真剣なやりとりをしていることからも、それは分かります。(植野の顔にはりついているバツ印も、このときばかりはほとんど取れそうでした。)

マガジンの連載版では、将也とともに橋へ向かう植野のことを、いわゆる「アオリ文」で「救世主・植野」と呼んでいました(単行本では省かれています)。


連載版第39話の冒頭アオリより。

結果として植野は火に油を注いでむしろ橋崩壊を促進してしまい、救世主どころか疫病神みたいな展開になってしまったのですが、このとき、もし本当に植野がベストの動きを見せていれば、植野は硝子よりも先に将也を「因果応報の無限ループ」から脱出させることに成功していたかもしれず、もし仮にそんな展開になっていれば、俗にいう「植野エンド」が訪れていてもおかしくなかったのです。
でも、やはり少なくともこのときの植野の覚悟程度では、「インガオーホーのループ」を打ち破ることは不可能だったのです。

そして、植野が将也を連れて行った「橋」で、あの「橋崩壊事件」が起こります。
ラベル:第38話 第39話
posted by sora at 07:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 第5巻 | 更新情報をチェックする

聲の形における「因果応報」を考える(6)

ここまでで、「因果応報」という主題から、第3巻までの物語を読み解いてきましたが、続いて第4巻です。

第4巻では、将也・硝子・植野、それぞれにとっての「因果応報」がどのようなものであるのかが、より具体的に、詳しく描かれていきます

そういう(因果応報という)観点から、第4巻前半の遊園地回を読み解くならば、ここでは、

・将也にとってのインガオーホーのトラウマの中核部分に「島田」がいるということ

・植野は何らかの理由で、将也同様「過去」にとらわれており、同じくその「過去」には「島田」が関わっているらしい、ということ

・硝子は自己肯定感が低く、自分のこと嫌いだと思っている、ということ


Koe_no_katachi_04_084.jpg
第4巻81ページ、第27話。

この3つの「それぞれの因果応報の実態についてのヒント」が示されている、と言っていいと思います。

そしてその後の葬式回で、硝子にとっての「因果応報」とはどんなものであるのかが、「悪役」としての西宮父とその家族によってついに提示されることになります。
それは、「なんらかの前世での罪」によって、現世で「障害を持ち、周囲を不幸にする」という呪いが「罰」として与えられる、という、硝子自身にはどうにもならない、理不尽な「因果応報のループ」でした。


第4巻169ページ、第32話。

この、硝子に設定された「因果応報」は、倫理的にいえばメチャクチャで、なんの合理性もないもの(でも物語上は設定されなければならないものでもあった)ですので、どうしても「悪役」に言わせる必要があったのだろうと思います。

ともあれ、理不尽にも設定されたこの硝子の「因果応報のループ」も、悲しいかな物語の中では生きています。
だとすれば、硝子が第2巻で将也と再会し、さらに第3巻からどんどん仲間が増えていく展開は、同時に、いつかその全員を不幸にするという、硝子の因果応報の罰、呪いが発動することを予感させるものでもあったことになります。

このように見ていくと、第4巻までで、いつか爆発するであろう「因果応報」が、将也と硝子、それぞれに埋め込まれた状態になっていることに気づきます。

一見、第3巻からかつての仲間が戻ってきて和解が始まり、硝子は将也に「うきぃ」と告白し、第4巻では結絃はガムシロ回で将也に救われて、いろいろありながらも「因果応報」をうやむやにしながらハッピーエンドの方向に向かっているように見えますが、実はまったくそんなことはなく、平和そうな表層の下で、因果応報の時限爆弾は、着々と準備を整え、炸裂するタイミングを待っていたことになります。
ラベル:第27話 第32話
posted by sora at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 第4巻 | 更新情報をチェックする

聲の形における「因果応報」を考える(5)

さて、第1巻と第2巻で、将也の「因果応報のループ」への転落と、そこからの脱出のヒントが描かれましたが、第3巻以降は、登場人物も増え、因果応報の物語も複雑さを増していきます。

第3巻になって登場してくる、因果応報に関する重要キャラクターは、いうまでもなく植野です

植野は、将也視点から見ると、自身のカースト転落後、完全に没交渉となり、それ以降は自分とまったく関係ない世界で楽しくやっていたように映っていたことでしょう。
それなのに、硝子や佐原と再会したあたりから、なぜか将也のまわりに現れるようになり、硝子との関係を邪魔したり、いまの自分は嫌いな方向に変わったと言ったり、さらにはかつての親友だった(でもいまはトラウマになっている)島田との関係修復にまで奔走するようになります。
これらの行動は、将也にとってはまったく理解不能であり、将也は第3巻の後半で「意味わかんねーし」といって、「関係の拒絶」の象徴であるバツ印を植野につけてしまいます。


第3巻136ページ、第21話。

実は植野は、(因果応報という視点で物語を語るならば)「将也いじめと硝子いじめ」という2つの罪によって因果応報のループに転落し、あの頃の「楽しかった過去」にとらわれてずっと抜け出せないままになっていたのでした。
そのループに巻き込まれたまま、将也との関係を「過去の楽しかった頃の形に」なんとか修復しようとする植野は、因果応報のループのなかで何度でも「罰」を受け、その試みすべてにおいて失敗を繰り返します。
将也と再会した日に、将也からバツ印をつけられて、その後ずっと関係を拒絶されてしまうというのも、また因果応報の理によって課せられた「罰」であったわけです。

さらにいえば、植野の「将也が好き」という感情についても、少なくとも第6巻までは、「小学校のころ、小学生だった将也が好き『だった』」という感情がそのまま塩漬けになって続いていたものにすぎない、と私は思っています。


第3巻153ページ、第22話。

つまり、植野は、もはや存在しない幻想にすぎない「小学生時代の将也」に対して、高3になっても恋愛感情をいだき続け、そしてそれにとらわれて、逆に「いまの将也」を否定せざるを得ない立場に置かれ続けていたのです。

こんな植野の、幻想を対象とした恋愛感情が成就する可能性などありえません。
でも植野はそれにとらわれて、そういう構造、自分がおかれた状況が見えていません。

そう考えると、植野の将也への恋愛感情すら、実はそれ自体が因果応報のループのなかで与えられた「罰」だった、という考え方さえできるわけです。

そして、そんな因果応報のループから抜け出すために、「西宮さんがいなかったころの将也や島田との過去」を取り戻そうとあがく植野は、「失われた硝子の過去」を取り戻そうとする将也とそっくりです。
将也とそっくりの行動原理で「因果応報のループ」を抜け出そうとする植野は、当然に、この先の展開で、将也とまったく同じ過ちを犯し、同じ破滅に向かっていくことになります。
ラベル:第21話 第22話
posted by sora at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3巻 | 更新情報をチェックする