当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年11月16日

第61話、なんと将也の進路も理容師だった?(3)

さて、将也が第60話ではまだ進路を迷っていたのに、第61話では「理容師」に決めていた、その背景について考察しています。

将也には、もともと漠然と「やがて理容師になる」というイメージはあったようですが、

a)一旦、大学に入ってサラリーマンになるような「モラトリアム」的な進路を選ぶべきだろうか?

b)進路を選ぶときには、立派な理由が必要なんじゃないか?


どうやらこの2つの疑問をずっと持ち続けていた
ように見えます。

そして今回、将也は、上記2つの問いに対していずれも「No」という答えを出し、「今すぐ理容師を目指す」という選択をしたように感じられます。

b)の「立派な理由が必要?」ということについては、1つ前のエントリで触れたとおり、将也は「理由なんて実は本質ではなくて、『目指すものにちゃんと実際になる』ことこそが重要なんだ」という確信にいたったのではないかと思います。
それに、「母親を安心させたい、守りたい」という理由だってちゃんとありますからね。
昏睡から目覚めたとき、そして今回自分の部屋で植野に遭遇したときのリアクションを見れば、実は将也は相当の「お母さんっ子」であることは間違いありません。


第61話、3ページ。

では、なぜ将也はa)の「モラトリアムを選択すべきか?」に対しても「No」という結論を出したのでしょうか?

これについては、前エントリで列挙した「将也の進路選択に影響を与えた要素」のうち、まだ取り上げていない、

2)硝子が東京に出て行くという事実。
6)あまり成績がよくないという現状。


の2つの要素が影響したのではないか、と考えられます。

まず、これまで何度も描写されたとおり、将也の高校3年になってからの成績は良くないです。
夏休みは補習クラスに参加させられる学力水準でしたし、さらに橋崩壊事件、転落、昏睡によって、夏休み後半をほぼすべて棒に振り、2学期についてもしばらく授業に出られませんでした。


第5巻65ページ、第36話。

将也が通う東地高というのは地元の公立高で、竹内の母校でもあってそこそこ偏差値も高いという設定のようですが、それにしても成績がクラスの下位では国公立大学は厳しく、頑張って私立の中堅大学といったところが(進学すると決めた場合の)進学先になるのではないかと思います。
でも、将也は理系でありながら国語も勉強していたことからも分かるとおり、国公立志望でした。
それは、母子家庭である実家の経済状況も影響しているのだろうと思います。

そうなると、非常にカネのかかる私立の理系大学を進路として選べないとすると、国公立にこだわって浪人も辞さないで頑張る、ということになりますが、将也にとっては、そこまでして(親にさらに負担をかけるリスクを犯してまで)「モラトリアム」を得ることにこだわる意味があるのか、ということになっていくでしょう。

また、硝子が2年で資格を取って戻ってくる(だろう)、ということも、モラトリアムを「選ばない」ことに影響した可能性があります

既に高校卒業の時点で硝子は社会人となり、さらにこのままいくと2年で資格を取り、社会人としてさらに自立していくことになるでしょう。
その頃に、自分はまだ大学に入ったばかり、あるいは万が一にもまだ浪人中、みたいな段階に留まっていることだけは避けたい、そんな気持ちが将也のなかにあったとしてもおかしくはないと思います。

さらには、「モラトリアム」を使って会社員などになった場合、その後理容師になるためには、いったん会社員をやめ、また何年か「学生」に戻らなければならないという事実も、硝子が自立していくスピードに対する「遅さ」を感じさせるものだったかもしれません。

そういったことを総合的に考えて、将也は「モラトリアム」を持つことに対しても「No」という答えを出し、「いますぐ理容師を目指す」ことを選択することを決意したのだろう、と思います。

この「職業選択」について、機会があればビジネス的な側面からも改めて書きたいと思いますが、既に店もあり(恐らく初期投資も回収していて)固定客もついている自営業を継ぐ、というのは、決して愚かな選択ではないと私は思います。


タグ:第36話 第61話
posted by sora at 08:09 | Comment(9) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第61話、なんと将也の進路も理容師だった?(2)

さて、第61話で将也が高校卒業後の進路として、理容師を目指すために専門学校に進むということを選択した「理由」について考えています。

将也が植野に語った話からすると、将也はもともと「当面は大学に行って働いて、ゆくゆくは自宅の店を継いで働きたい」ということを考えていたようですが、それを「今すぐ理容師に」という思いに変えたものは、何だったのでしょうか

第60話にあった「ヒント」としては、

1)母親がひとりで店を切り盛りすることへの心配。
2)硝子が東京に出て行くという事実。
3)そもそも自分は家を出るつもりがあるのか?ということへの自問自答。
4)仲間から聞いた、それぞれの進路とその動機。
5)母親に聞いた、理容師を選んだ理由。
6)あまり成績がよくないという現状。


といったところが考えられます。

恐らく、将也は自分の進路を改めて深く考えるにあたって、特に3)について考え直したに違いありません。

”自分はそもそも、サラリーマンとかになって、家を出て東京や地方で働くイメージを持っているのか?……”



そして将也が出した結論は「家を出るイメージがまったくわかない」ということだったんじゃないかと思います。

その大きな理由の1つが、1)ということなのだろう、と思います。
第60話を見ると、将也は小学校の頃から、女性である母親が一人で店を切り盛りして頑張っていることを気にかけていた様子が伺えます。
そんな「優しい」将也が、自分の将来を改めてイメージしたとき、数年単位で家を空けてしまって、自宅を母親と姉、姪という女性だけにしてしまう、ということを非常にイメージしづらかったことは容易に想像できます。
そう考えれば、将也にとって、少なくとも「硝子と一緒に東京に出て大学に通う」という選択肢は消えることになるでしょう。

そして、第60話から伺えるもう1つのことは、4)で明らかなように、将也が「進路を選ぶ理由」を求めていた、ということです。
将也は、周りの人に次々と、進路だけでなく、その進路を選ぼうとしている「理由」も聞いていることに気づきます。


第61話、5ページ。

夢を追いかける硝子、永束。
あえてモラトリアムを選択する真柴。
恋に生きる川井。
ちょっと意味あいは違いますが、家族を安心させたいという結絃。


そして、最後の決め手になったのは、もしかすると5)の母親の「理由」だったのかもしれません。


第61話、10ページ。

「楽しそうだったから」。

将也は、ここで気がついたのかもしれません。

進路を選ぶ理由なんて、実はどうでもいい。
要は「目指すものになれれば、それが答えになる」のだから。


現に、「楽しそう」で理容師を選んだ母親は、立派な理容師となって店を経営しているわけですからね。
タグ:第61話 第60話
posted by sora at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第61話、なんと将也の進路も理容師だった?(1)

さて、第61話、将也はいったい何を目指すんだろう?ということについて、私はほぼ間違いなく「教師」だと思っていたのですが、第61話を見る限り、将也は理容師になる事を選択したようです。
ということは、将也が第34話で語り、また第60話でもいまだ匂わせていた「大学進学」自体を、すっぱりやめるという選択をしたということになります。

将也は、いったいなぜ、大学に進学するという「オーソドックスな」進路を捨てて、理容師への道を目指すことを選んだのでしょうか?

ここは、将也が今回植野に語ったこのせりふを素直にとらえるところから始めるのがいいだろうと思います。

石田:俺はここに残って いずれするだろうと思ってたことをやるよ
   うちの店継ぐために そっちの学校行こうかと思ってる



第61話、4ページ。

つまり、もともと将也にとって最終的なキャリアのゴールのイメージは、「実家の店を継ぐこと」だったのだろう、と思います。
地元の大学に入り卒業して、平凡なサラリーマンか何かになるというのは、将也にとっては一種のモラトリアム(猶予期間)のつもりだったのかもしれません。
しばらくはそうやって「自分が何者であるか」みたいなことを考えながら働き、それが見つかればその道に進めばいいし、もしそれがだめなら実家に戻って店を継げばいい、といったことを漠然と考えていたのではないか、と思います。

ところが今回、将也はその「モラトリアム」を捨て、ダイレクトに理容師を目指すことを選びました
第60話でもまだ迷っていたことを考えると、その決断に影響を与えたものは、基本的には第60話で提示されたものだ、と考えるのがいいと思います。

それは具体的には、

1)母親がひとりで店を切り盛りすることへの心配。
2)硝子が東京に出て行くという事実。
3)そもそも自分は家を出るつもりがあるのか?ということへの自問自答。
4)仲間から聞いた、それぞれの進路とその動機。
5)母親に聞いた、理容師を選んだ理由。


それ以外には、大きなところとして、

6)あまり成績がよくないという現状。

というのも将也の進路選択に影響を与えたかもしれません。
posted by sora at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする