当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年11月02日

第59話は第23話のリフレインになっている?(3)

音楽のフーガとかでもそうですが、リフレイン構造には「共通点」と「相違点」があり、この2つがうまく組み合わされることによって美しい音楽が生まれます。

同じように、この第23話と第59話のリフレイン構造についても、ある1つの「相違点」がうまく盛り込まれていて、実にきれいな構成の妙を示していることに気づきます。

第23話で、硝子のメッセージがなぜ伝わらなかったのかといえば、「将也が聞き取りミスをしたから」でした。
なぜ聞き取りミスをしたのかといえば、「硝子が口話で伝えようとしたから」でした。
硝子は障害のために、口話がうまくありません。だから、硝子の口話を将也は聞き取れず、硝子の渾身のメッセージはうまく伝わりませんでした。

一方、第59話で、硝子のメッセージがなぜ伝わらなかったのかといえば、「将也が手話の読み取りミスをしたから」でした。
将也は硝子の「理容師になりたい」という手話を誤読して、「美容師になりたい」と読み取ってしまいました。「美容師」だと、石田母とは違う仕事になってしまいますから、将也も「じゃあうちと同じだ」という風に理解ができず、そこから誤解が広がっていってしまって会話が破綻してしまいました。
このように、なぜ読み取りミスをしたのかといえば、「将也が手話にそこまで習熟していなかったから」でした。
将也は手話については、独学で勉強したとは思えないくらい習熟していますが、それでも「第二言語」であってネイティブではありませんから、一定の確率で誤読が生じるでしょう
「理容師・美容師」というのは、どうやら将也にとってあまり関心のない領域のようですから、詳しく知らなかったようだ、ということが第59話の将也のリアクションで示されています(自宅の仕事ではありますが…)
そんなわけで、硝子の手話を将也は正しく読み取れず、硝子の渾身のメッセージは、やはりうまく伝わりませんでした。(まあ、今回「伝わらなかった」理由は、もちろんそれだけではありませんが…)

つまり、第23話と第59話のリフレイン構造では、数多くの「共通点」と同時に、

第23話では、硝子はメッセージを伝えるために「口話を」選択したが、「硝子の」障害のために将也に正しく伝わらなかった。


第3巻183ページ、第23話。

第59話では、硝子はメッセージを伝えるために「手話を」選択したが、「将也の」手話読解力が完璧ではないために将也に正しく伝わらなかった。

KOEKATA_59_009b.jpg
第59話、9ページ。

という、非常に対照的で興味深い「相違点」が盛り込まれているわけです。

第23話も第59話も、恋愛とか進路といった前向きな話題を使って、将也と硝子のコミュニケーションの断絶を描くという意味では、見た目よりも残酷な構造が内包されていると思いますが、そのコミュニケーションの断絶が本質的に「硝子の障害ゆえに」発生している、ということを、第23話では「硝子の側の問題」として、第59話では「将也の側の問題」として描かれており、実に巧妙なリフレイン構造だと感嘆せずにはいられません。
タグ:第59話 第23話
posted by sora at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第59話は第23話のリフレインになっている?(2)

さて、第59話が第23話のリフレインになっているとするなら、それはどういう構造をしているといえるでしょうか?

そういう目で第23話の「構造、構成」を考えてみると、

1)硝子は、将也に初めて恋心を伝えようとした。
2)ところが、将也が痛恨の聞き取りミスをした。
3)そのミスもあって、硝子の伝えたかったことは半分も伝わらなかった。
4)もちろん、硝子の恋心も将也に届かなかった。
5)硝子は将也のリアクションに愕然とし、がっかりして帰った。


第3巻184ページ、第23話。

6)硝子の告白の背景には、佐原と植野との再会のドラマがあった。


といったように整理できると思います。

それと対照させて考えると、第59話はこんな風になります。

1)硝子は、将也に初めて進路の夢を伝えようとした。
2)ところが、将也が痛恨の手話の読み取りミスをした。
3)その聞き取りミスもあって、硝子の伝えたかったことは半分も伝わらなかった。
4)もちろん、硝子の進路の夢に込めたもう一つの気持ち(恋心?)も将也に届かなかった。
5)硝子は将也のリアクションに愕然とし、がっかりして帰った。


第59話、14ページ。

6)硝子の告白の背景には、佐原と植野の活躍、上京のドラマがあった。


実際、非常によく似ていることが分かります。
そして、前エントリでも見たとおり、硝子が見せている表情も、第23話と第59話で共通している部分があるわけですね。

さて、リフレイン構造には、「共通点」と「相違点」があって、この2つがうまく組み合わされることで「面白い物語」が生まれてくるわけですが、ここではまず、このリフレイン構造の「共通点」を見てみたいと思います。

第23話でも第59話でも、硝子は一大決心をして、将也にとても大切なことを伝えようとします。その「大切なこと」が、第23話では「将也への恋心」であり、第59話では「進路と将来の夢」でした。
ところが、その渾身のメッセージはいずれも将也にうまく伝わらず、硝子はがっかりしてその場を去っていきます。

そして、それぞれ少し時間を巻き戻して、その「告白」にいたった経緯を考えると、「佐原と植野」が、将也と硝子の行動に影響を与えたことがその原因になっている、という共通点もあります。

第23話の恋心の告白は、将也が硝子と「佐原」を再会させ、その流れで「植野」との再会というドラマが生まれ、植野・硝子・将也での修羅場となり、平穏な「いいお友達」だった将也と硝子との関係に動揺が生じたことが大きな原因となっています。

一方、第59話の進路の告白は、将也と硝子が「佐原と植野」の活躍を見、さらにコンクールの結果を見るために上京するのを見送ったことが、将也が「そういえば西宮は進路は?」と問いかけるきっかけになっていることを考えると、やはり佐原と植野がらみのイベントが、その後の流れを生む大きな原因になっていると言えると思います。

そして、最大の「共通点」は、言うまでもありませんが、

・どちらのエピソードも、将也と硝子のディスコミュニケーションを描いている。

ということ
です。
恋心とか将来の夢とか、本来はほのぼのとした前向きな話題に限って、残酷なディスコミュニケーションを描いてくるというのは、ある意味この作品全体を貫く作風ともいえるものですね。

そういえば、第23話では同じくディスコミュニケーションの象徴のような存在として、プレゼントのプランターピックという重要アイテムが登場しましたが、今回、第59話では、はそれにぴったり対応するような「アイテム」はなさそうですね。

ところで、今回のリフレイン構造で興味深いのは、実は上記の「共通点」よりも、「相違点」のほうにあります
非常に美しく構成された、今回のリフレイン構造の「相違点」について、次のエントリでじっくりと考察してみたいと思います。
タグ:第59話 第23話
posted by sora at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第59話は第23話のリフレインになっている?(1)

第59話では、硝子の進路をめぐって、久しぶりに将也と硝子の言い争いが展開されましたが、ここで不思議なのが、言い争いに発展する前、進路のことを話すか話さないか迷っているときの硝子が、異様なまでに照れていることです。


第59話、8ページ。

これだけ見ると、まるで将也に告白しているかのようですが、この表情にはどういう意味があるのでしょうか?
私は、これは、素直にこう読むのがいいと思います。

これは、硝子にとっては事実上の告白に近かった。

と。

そう考えると、硝子のこの表情に非常に近い表情が見られたシーンを思い出します。


第3巻182ページ、第23話。

これですね。
あの「うきぃ回」、第23話で将也に告白している最中の表情にそっくりです。

やはり、硝子にとって「考えている進路を将也に伝えること」が、「将也に告白すること」に非常に近かった、ということを示しています。

硝子が進路を伝えることが、なぜ「告白」に非常に近いのか、という点についてはエントリを分けて考察したいと思いますが、簡単にいえば、

1)もともと理容師を目指すきっかけが小学校の頃の「憧れの理容師」との出会いだった
2)その「憧れの理容師」が石田母だということを硝子は第55話で知った
3)東京で修業して資格もとって一人前になりたい(いずれは石田母のもとで働けるかも)。


という思いが硝子の中にあるのだと想像します。
つまり、この夢のゴールが「将也」につながっているので、硝子にしてみれば、この話をするのは「逆プロポーズ」に近くなってしまい、ものすごく照れくさい、ということなんだろうと思います。

さて、このように、第59話の「進路の夢」が硝子にとって「恋愛感情」に近しいものとみると、1つ気づくことがあります。

それは、

第59話は第23話のリフレインになっている!

ということです。

第23話とは、あの3巻巻末の「うきぃ回」です。

次のエントリで、第59話と第23話、どのエピソードがどのエピソードと対応してリフレイン構造を形成しているのか、具体的に見ていきたいと思います。
タグ:第59話 第23話
posted by sora at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする