当ブログでは、いわゆる発売日前の「フライングのネタバレ」に関する話題は扱いません。フライングのネタバレとなるコメントはご遠慮ください。ご協力よろしくお願いします。(発売日後のネタバレはOKです。)

おすすめエントリ(最初はこちらからどうぞ)

2014年09月01日

第50話、こんなところに1巻のリフレインが?

さて、第50話で、さりげないところにちょっと興味深いネタが仕込まれています。

それが、これです。


第50話、14ページ。

植野が「貸してみ!」といって硝子の筆談ノートを奪い、書き込んでいます。

書いている内容は「うざい!きもい!」ではありますが、それでも「ちゃんと筆談ノートに書き込んでいる」というところに意味があります。

ふりかえると、植野は、遊園地編の観覧車のなかでは、(わざわざ自分から会話の機会を作ったにも関わらず)筆談を拒否しました。
いろいろ理由はつけていましたが、これは本質的には、硝子との「コミュニケーションの拒否」だ、ということは、つい最近の「川井回」で、川井が筆談ノートを叩き落としてひとりでぺらぺらと喋っていたシーンでも象徴的に描かれていました。

ところが、今回は、ちゃんと筆談ノートに書いています。
しかも1度ではなく、何往復もやりとりをしています。

そして、この「貸してみ!」というせりふ自体も、第1巻で、植野が硝子のためにノートをとってあげたシーンで出てきたせりふのリフレインになっているのです。


第1巻79ページ、第2話。

合唱コンクールより前、まだ植野が、硝子のことを敵対視せず、せいぜい「世話するのが面倒な子」くらいに思っていた、平和な時代。

ここから、硝子はいじめの標的にされ、将也はカースト転落し、植野は硝子を誤解して嫉妬の炎を燃やしました。
そして、高校になって再会後もずっと「弱そうなふりをして将也を騙している」と硝子を敵視してきた植野ですが、このシーンにいたって、硝子との「関係」が、実は少しずつ修復され、「平和だったかつての2人」に、わずかながらも近づいてきている、ということを感じます。

第50話をみると、硝子に対する植野の心情は「ハラグロ」とか「害悪」から、今は「カワイソーで無口な女」に変わっています。
「ハラグロ」や「害悪」とまともに会話しても無意味でしょうが、「カワイソーで無口な女」なら、まあ文句ぐらい言ってやろうか、という気持ちにもなるんじゃないでしょうか(つまり、それだけマシな見方になっている、ということです)。

だから、今回、植野は筆談ノートでやりとりをする気になったのでしょう。
そして、何往復かしたやりとりの最後には、植野は「島田との関係作りを硝子の映画作りに託す」という、これまででは考えられない選択をします。


第50話、18ページ。

こうやってみると、硝子が映画再開で「取り戻そう」としているものの形が、だんだん見えてきているように思います。
硝子が取り戻そうとしているのは、単に橋崩壊事件で壊れた「(高校になってからの)映画メンバーの関係」ではなく、時間を超えて、小学校時代に壊れてしまった、さまざまな関係にまで広がっているのではないでしょうか。
タグ:第50話 第02話
posted by sora at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50話、久しぶりに硝子の笑顔が!

第50話では、雨のなかにヌッと現れ、ユーレイだとか散々な言われようの(笑)硝子ですが、実は今回はけっこう表情豊かなんですよね。

植野に「タワゴトは石田を返してから言って!」と罵倒されたときはとても寂しそうな顔をしています(このコマが大ゴマで描かれていることからいっても、大今先生もこの表情をしっかり読者に見せたいと考えていることがわかります。)


第50話、16ページ。

そして、今回ちょっと分かりにくいのですが、待望の「あの表情」のコマが!


第50話、17ページ。

微笑んでいます。

ほんとうにぎりぎりの微かな微笑みですが、あの自殺事件以来、ずっと封印されていた笑顔がここで自然に解放されています。

いいですね。
もちろんこういう微笑みは、もともと社交辞令的な意味合いは含んでいますが、ここでの微笑みは、かつての硝子の微笑みにあったような「本心とは裏腹に、無理に作っている笑顔」ではありません。

いちどは家に入ってしまった植野がまた出てきて、硝子に島田のメアドを教えたのも、扉を閉めようとした瞬間に硝子のこの表情を見てしまったことと無関係ではないと思います。

「ハラグロ」とか「カワイソーなふりをして将也をだましてる」とか、硝子の内面を悪く思いこむことで硝子を否定しようとしている植野ですが、硝子のこの表情を見て、それが自分の勝手な「思い込み」で、実際の硝子はもっと単純で、少なくとも「行動している」ときには裏表がないんだ、ということに何となく気づいて、毒気を抜かれてしまったようにも感じます。

また、川井回で、川井が硝子とまともにコミュニケーションをとる気がないということが、「硝子の表情をほとんど描かない」ということで示されたことと対照的に、今回、植野回では硝子の豊かな表情が描かれているということは、植野は実は硝子とコミュニケーションを取る気が(本心では)あった、ということを示しているように思います。

微笑みの次は、心からの笑顔を見たいですね。
そんな笑顔は将也が目覚めるまではお預けだと思いますが、「その日」も割と近いんじゃないかと期待しています。
タグ:第50話
posted by sora at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50話・定例 伏線回収ウォッチング

さて、第50話が「植野回」となったことで、期待通り(?)、大量の伏線が回収されました。

1)特A級
1a)硝子の将也への恋心は届くのか。将也の硝子への恋心は自覚され届くのか。
1b)将也、硝子双方が持つ自己嫌悪は克服されるのか。
1c)島田の中学での将也迫害の理由、島田が将也に考えている(いた)こと → まだ明確ではありませんが、島田が将也に腹を立てていたことは第50話で示されました。
1d)小学校時代の硝子がなぜ将也と友達になろうとしたか
1e)硝子が自殺を決意するに至る(小学校からの)心情的経緯 →44話の手紙と45話の結絃の回想で語られました
1f)橋メンバーとの和解。誰と和解し、誰と和解しないのか。 → 46、47、49話で、硝子ー永束ー佐原ー真柴の人間関係が再構築され、48話では川井との断絶が示されました。第50話では島田とのつながりもでてきました。
1g)将也がクラスメート全般につけている×は外れるのか
1h)硝子が「諦めていたもの」とは何だったのか→45話の結絃の回想から、かなり重いものである可能性が強まりました
1i)将也は、いつ硝子に過去の行い(いじめ)を謝罪するのか

2)A級
2a)硝子が植野に出した手紙の中身 → 第44話で明らかになりました
2b)硝子の補聴器が片方になった理由
2c)水門小から転校後の硝子の学校生活、交友関係
2d)なぜ島田はテキ屋になっているのか、ただのバイトなのか → なんと第49話おまけの「舞台探訪」で回収されました。ただのバイトのようです。
2e)結絃カメラのゴクヒ映像はもう使われないのか → 47話からみると、自殺の映像はガムシロ組にも共有されたようです。
2f)結絃の不登校は解消されるのか、自称「硝子の世話係」を卒業するのか → 第44話、45話で「世話係」の自己像が否定されました。
2g)硝子が「死にたい」から1か月半程度で立ち直るまでの経緯

3)Aマイナス級
3a)真柴の正体、真柴の「同級生」 → 第49話で、真柴が考えていたこと、同級生の話題が伏線回収されました。
3b)結絃が死体写真ばかり撮っていた理由 → 第45話で明確になりました。
3c)ガーデンピックはいつ聞くんだ
3d)佐原のメール「成長を証明する」方法 → 第44話、45話での植野への振る舞いに明確に見えました。47話でも成長が示されています。
3e)竹内がなぜ手話を知っているのか
3f)ペドロはどこへ行った?
3g)広瀬のいま、島田・植野との関係 → 第50話で、まだ普通に植野・島田と花火大会でつるむような親しい関係で、将也救出にもかんでいたことが判明しました。
3h)将也が中学時代も孤立していたことを硝子は知ることになるのか
3i)映画はどうなるの? → 硝子が、植野以外の全メンバーから再開合意をとりつけました。島田も参加の見込み

4)B級
4a)喜多先生の結婚相手、喜多はいま何をやっているのか
4b)小学校時代、将也以外のクラスメートの硝子いじめの実態 → 特に将也カースト転落後のいじめは、植野が、硝子に対する嫉妬で行っていたことが判明しました。
4c)石田母の「優しさの中の厳しさ」はもう表現されないのか → 第49話で、病室に籠城する植野への態度、硝子への拒絶などで改めて示されました。
4d)健脚コンビとは何だったのか
4e)デラックスってなぜ登場したんだろう、再登場はある?
4f)石田姉の顔出しはある?
4g)花火大会の「あれ 西宮さんじゃね?」の発言者は? → 広瀬(か島田)であることが第50話で判明しました。


順番が前後しますが、今回はっきりと回収された伏線の1つが、4g)の、花火大会での「あれ 西宮さんじゃね?」の声の主でした。これが広瀬(か島田)で、転落した将也を救出したのも島田と広瀬だった、というのが、第50話で示された大きな事実です。

次に4b)の、将也以外による硝子いじめの実態ですが、将也がいじめなくなった後の硝子いじめは、植野によるものであったことが今回示され、「硝子いじめの構図」がほぼ解明されました。

そして3g)の「広瀬の現況」ですが、普通に島田と今もつるみ、植野ともLINEでやりとりする仲であることが分かりました。

そして1c)の「島田が将也を執拗にいじめ続けた理由」、これの「最終回答」は島田視点回に持ち越しだと思いますが、今回第50話でも、島田が将也の不正義にかなり怒っていたことは分かりました。

そして1f)と3i)に関係しますが、映画の再開、橋メンバーとの関係再構築にも進展があり、どうやらこの枠組みに島田が入ってきそうな状況になってきました。一方、植野は「見てるだけ」と考えているものの、実際には植野と硝子との距離は近づいており、今後さらに関係の進展があることが予想されます。
タグ:第50話
posted by sora at 07:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 第6巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする