2014年08月01日

第47話で改めて考える、「ガムシロ組」とは何だったのか?

以前、「つながりマップ」のエントリを書いたときにも図示しましたが、将也・硝子をとりまく人間関係は、大きく「ガムシロ組」と「それ以外」に分かれています
ここで「ガムシロ組」というのは、第4巻第32話「ガムシロ」で、将也が祖母の死去で落ち込む結絃を励ますときに「仲間」として名前をあげたメンバーのことで、具体的には下記のメンバーになります。

・将也
・硝子
・結絃
・佐原
・永束


逆に、ここから外れる「橋メンバー」は、以下となります。

・植野
・真柴
・川井


この2つのグループの違いはなんなんだろう?ということを、少し考えていました。

もちろん、相対的に仲がいい・悪いということでもあるのですが、それはあくまで結果論であって、「つながりマップ」を見れば分かることです。

それより、今回、第46話、第47話で、次々と「ガムシロ組」が硝子を中心として結束していくのをみて、気づいたことがあるのです。

それは、

ガムシロ組のメンバーは全員、コミュニケーション上の障害を持っている硝子と、深いコミュニケーションができるスキルとレディネスを持っている。
そして、「非ガムシロ組」は、全員、そうではない。


ということです。

第46話で、永束がやたら筆談ノートをうまく使いこなすという「隠れた才能」を見せたこと、そして第47話で、佐原が硝子から「どうしたの?」「必要」という手話での会話を通じて、過去のトラウマを乗り越える糸口を見つける描写を読んで、

ああ、「ガムシロ組」というのは、つまり、会話の輪のなかに硝子が入っても、全員のコミュニケーション、意思の疎通に問題が起こらない人たちなんだな。

ということに気づいたわけです。

・将也:手話ができる
・結絃:手話ができる
・佐原:手話ができる
・永束:筆談ノートの達人

・植野:手話も筆談も大嫌い
・真柴:硝子との会話に興味なし
・川井:硝子との会話に興味なし



第46話、5ページ。

そして、もう1つ興味深いことは、「ガムシロ組」はみな、硝子と物理的にはコミュニケーションに支障がないにも関わらず、誰もがトラウマを抱えていて、心理的にコミュニケーション不全に陥っていた、ということです。

その筆頭が、「諦めていた」「愛想笑い」の硝子だったわけです。

その硝子が「覚醒」し、コミュニケーションが取れるガムシロ組のメンバーと、積極的に話をするようになったことで、46話、47話でガムシロ組があっという間に結束を強め、「橋事件」以前よりもずっと前に進んだ関係を構築しつつあるのは、ある意味自然なことなのだと思います。

そしてやはり、インタビュー等で大今先生のいう「和解できる」「和解できない」の境界線は、おそらく基本的にはこの「ガムシロ組」か否かのところに引かれるのではないかと予想します。

そうなってくるとやはり、「和解できるか否か」のボーダーぎりぎりに立っているのは、植野、ということになりそうですね。
硝子とはコミュニケーションできない(したくない)という植野が、将也や、あるいは硝子と「和解」できるのか…これは、作者にとって「コミュニケーション」がどういうものとしてとらえられているのかをはっきり示すものになるのではないかと思います。
タグ:第47話
posted by sora at 07:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

第47話:定例 伏線回収ウォッチング

さて、恒例の伏線回収ウォッチング、今回は第47話についてのものです。

第47話では(下記のウォッチ対象の伏線とはズレますが)佐原まわりの伏線があらかた回収されて、「佐原に関する大きな謎はほぼもうない」という状態になったんじゃないかと思います。

1)特A級
1a)硝子の将也への恋心は届くのか。将也の硝子への恋心は自覚され届くのか。
1b)将也、硝子双方が持つ自己嫌悪は克服されるのか。
1c)島田の中学での将也迫害の理由、島田が将也に考えている(いた)こと
1d)小学校時代の硝子がなぜ将也と友達になろうとしたか
1e)硝子が自殺を決意するに至る(小学校からの)心情的経緯 →44話の手紙と45話の結絃の回想で語られました
1f)橋メンバーとの和解。誰と和解し、誰と和解しないのか。 → 46話、47話で、硝子-永束-佐原の人間関係が再構築されています。
1g)将也がクラスメート全般につけている×は外れるのか
1h)硝子が「諦めていたもの」とは何だったのか→45話の結絃の回想から、かなり重いものである可能性が強まりました
1i)将也は、いつ硝子に過去の行い(いじめ)を謝罪するのか

2)A級
2a)硝子が植野に出した手紙の中身 → 第44話で明らかになりました
2b)硝子の補聴器が片方になった理由
2c)水門小から転校後の硝子の学校生活、交友関係
2d)なぜ島田はテキ屋になっているのか、ただのバイトなのか
2e)結絃カメラのゴクヒ映像はもう使われないのか → 47話からみると、自殺の映像はガムシロ組にも共有されたようです。
2f)結絃の不登校は解消されるのか、自称「硝子の世話係」を卒業するのか → 第44話、45話で「世話係」の自己像が否定されました。
2g)硝子が「死にたい」から1か月半程度で立ち直るまでの経緯

3)Aマイナス級
3a)真柴の正体、真柴の「同級生」
3b)結絃が死体写真ばかり撮っていた理由 → 第45話で明確になりました。
3c)ガーデンピックはいつ聞くんだ
3d)佐原のメール「成長を証明する」方法 → 第44話、45話での植野への振る舞いに明確に見えました。47話でも成長が示されています。
3e)竹内がなぜ手話を知っているのか
3f)ペドロはどこへ行った?
3g)広瀬のいま、島田・植野との関係
3h)将也が中学時代も孤立していたことを硝子は知ることになるのか
3i)映画はどうなるの? → 硝子を中心に再開されつつあります。

4)B級
4a)喜多先生の結婚相手、喜多はいま何をやっているのか
4b)小学校時代、将也以外のクラスメートの硝子いじめの実態
4c)石田母の「優しさの中の厳しさ」はもう表現されないのか
4d)健脚コンビとは何だったのか
4e)デラックスってなぜ登場したんだろう、再登場はある?
4f)石田姉の顔出しはある?
4g)花火大会の「あれ 西宮さんじゃね?」の発言者は?


第47話は、第46話に引き続き、「映画撮影再開」を1つのトリガーにして、「橋メンバーの関係」を、硝子が率先して行動して再構築していく、という展開となりました。

また、「佐原視点回」だったために、上記では伏線として取り上げていませんでしたが、以下のような伏線が回収されています。

・佐原の不登校から保健室登校に至る状況
・佐原の、植野に対する複雑な感情 → 才能に対する憧れと昔からの恐怖
・佐原は植野に憧れて太陽女子に入ったのか? → 偶然でした
・佐原はいつから植野に憧れるようになったのか? → 太陽女子で才能を知ってから(高2)
・佐原が太陽女子で人気者になる経緯 → 背が伸びて高2でモデルに
・佐原の、将也に対する感情 →「変わった」立派な人間


また、これは別エントリで触れたいと思いますが、第47話の佐原のモノローグから、結絃のゴクヒ映像のうち、自殺の経緯の録画映像は、佐原や永束と共有されたように思われます。
ゴクヒ映像は、映画には使われず、このくらいの使われ方で終わるのかもしれません。

それにしても、思ったほど、この定点観測エントリ開始時に設定していた伏線が回収されないですね。
この「定点観測」で取り上げているのは、主に将也-硝子まわりの伏線だから、かもしれません。
やはり「植野視点回」と、将也が目覚めて硝子と対面する展開がこないと、特A級の伏線にもなかなか手が出せない感じです。
(そういう意味で、ここ数話の進行に、やや停滞感が漂っているのかもしれませんね。)
タグ:第47話
posted by sora at 08:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

佐原と植野、高校時代の「和解」の時系列とは?

パズルのようにさまざまな情報が盛り込まれている「聲の形」は、本筋とは違うところでいろいろな時系列を再構成して追いかけるのも楽しみ方の1つだと思います。

今回、第47話で、佐原の高校時代が掘り下げられたことで、佐原と植野の関係を時系列に追いかけることが可能になったと思います。

また例によってイベントカレンダー形式でまとめましたので、こちらをご覧ください。


聲の形・佐原と植野の関係イベントカレンダー(PDF形式、クリックして開きます)

このカレンダーを作っていて、重要なヒントになっている項目がいくつかあることに気づきました。

1)高校生植野の髪の長さ。
植野の髪は、小学校時代は胸までのロング、中学時代はベリーショートときて、高1ではショート、高2では肩口までのセミロング、高3で小学校時代と同じ胸までのロングに戻っています


第47話、10ページ。このときは「セミロング」なので高2とわかります。

これにより、第47話で佐原がモデルを頼まれたのは高2、第26話で「和解」したのは高3ということがわかります。

2)太陽女子の夏服・冬服
第47話で、太陽女子の制服の「冬服」が登場しましたが、第3巻などで、既に5月には「夏服」に衣替えしていることが分かります。
つまり、新学期ごろのエピソードで、冬服で描かれている場面は4月で確定、夏服の場面は5月以降ということでほぼ確定ということになります。

3)佐原の私服
このまんがでは、私服はずっと同じものが使われるということがあるので断定しきれないところがあるのですが、佐原が第17話のカラオケ回と第4巻の遊園地回で同じ黒い服を着ていて、遊園地回で「なおちゃんが言った色を選んだ」と言っている点に着目したいと思います。


第3巻46ページ、第17話。


第4巻29ページ、第25話。

これによって、カラオケ回の時点で既に植野のアドバイスを聞いていることになり、佐原と植野の「和解」イベントはカラオケ回より「前」に発生していたことが推測されます。
実は「和解」イベントをここに置くと、第21話の「佐原とも連絡取り合ってるらしーな」が「和解」より後になってしまうのですが、要は「和解」はしたものの、植野が佐原をバカにしてる気持ちはそんなに変わってなかった、ということなんだと思います。

4)「あれから5年」発言
「あれから5年もたった」という佐原の発言が、遊園地回と第47話の回想、2回登場しています。
第47話では高2で、遊園地回では高3での発言、かつ小6から計算すると高2のほうが正解となるので遊園地回のほうが矛盾しているように見えますが、ここは、実は遊園地回も「回想」で、高2のときに「5年もたったんだから」乗ってみることにした、という発言だと解釈しています。

というわけで、遊園地回で明かされた「和解」イベントでの佐原の「ずっと追いかけてた」発言は、このカレンダーから、

・高2春に植野が最優秀賞をとっているのをみて「追いかけ」始めた。

ということなので、「ずっと」の期間は約1年だった、ということも判明しました。
また、遊園地で佐原と植野がぶつかったときは、まだ「和解」してから1か月ほどしかたっていなかったことになりますから、けっこうタイミングとしては際どかったことになりますね。
posted by sora at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

第47話、なぜか佐原の表情が植野に似てる件

コネタです。

さて、第47話は佐原回で、佐原のいろんな表情が見れましたが、そんな中で、いくつか、「あ、これって植野が前にやってた表情にそっくり」というのがありましたので、それをピックアップしてみたいと思います。

まずはこれ。


第47話、13ページ。

佐原が将也の病室にきて、植野の向こうにいる将也をさがして「チラ チラ」と周りを見ている描写です。

このコマは、第3巻のこのシーンとそっくりです。


第3巻104ページ、第20話。

永束が猫ポーチの「ずっと好きでした」を持ってにゃんにゃん倶楽部でバイトする植野に会いに行ったときのシーン。
このときは逆に植野が、永束の向こうにいる(かもしれない)将也をさがして「チラ チラ」と周りを見ている描写になっています。

構図やせりふのレイアウトまでそっくりです。
これは、役回りは変わっていますが、ある意味、「第6巻は第2巻、第3巻のリフレイン」というネタの1つになっているのかもしれません。

そしてもう1つは、こちらです。


第47話、12ページ。

佐原が学校で妖精の衣装を作っていて、ある程度できあがったときに見せた表情です。
このとき、佐原の口がハート型になっていて、「あれ、この表情、どこかで見たことがあるな…」と思ったら、ここでした。


第44話、15ページ。

第44話で植野が硝子に暴行を加えているときに、佐原が「なおちゃんは 人の気持ちを 無視しすぎる」と反論したのに対して、植野が「出たッ!西宮さんの得意技ッ!」と茶化して返したときの植野の表情が、この「ハート口」でした。

これまでも、佐原は植野の私服のアドバイスに従ったり、植野のクセとかをまねたりしているように見える場面がいろいろありますが、そういう「真似する」のと関係ないところで、こういう表情やシーンのシンクロみたいなのが出てくるのは面白いですね。
タグ:第47話 第20話
posted by sora at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

第47話、佐原の筆談ノート書き込みからわかることとは?

第47話での、佐原に関する最大の伏線回収になっているのは、もしかすると最初のページに描かれた、佐原の書き込んだ筆談ノートの内容かもしれません。


第47話、1ページ。クリックで拡大します。

内容読み取りに相当苦労しますが、とりあえず分かる範囲で書き起こしてみました。

わたしは上にふたりお姉ちゃんがいるよ!!
上のお姉ちゃんは6つ上で 今 ギフニーランドではたらいて
目のお姉ちゃんは高校生で   に行ってる ↑
ちゃんの妹                いいなあ
どこで                  ↑
っぴー      い…(汗)     ギニーかくのすごくうまいよ  
に12さ


そして文字以外に、「ギニーかくのすごくうまいよ」の横に、ギニーらしきキャラクターのイラストが描かれています。

さて、この書き込みから、分かること、推理できることを、以下のようにリストアップしてみました。

1)佐原には2人の姉がいる。

2)上の姉は6歳上で「ギフニーランド」で働いている

3)下の姉は高校生

4)ギフニーランドのマスコットキャラクターの名前は「ギニー」

5)このとき、ノートでこんなに長い自己紹介しているということは、このときまでは佐原は硝子と特に親しくしていなかったということになる

6)このときに硝子の妹の話をしているので、再会時に妹のことを知っていたこととつながる

7)この日に植野陰口→「どうしたの?」のイベントが発生し、その後の硝子とのエピソードがないことから、佐原は硝子サポート宣言の初日に陰口をたたかれ、そのまま即日不登校になったと推測される

8)2)と3)から、6歳上の姉は高校生ではなく社会人。小6の佐原の6歳上の姉が(高卒で)社会人になるためには、佐原は4~5月くらいの生まれで、上の姉は2~3月くらいの早生まれという可能性が高い

9)「月に12さ」は、おそらく「4月に12さいになったよ」ではないかと思われる。このイベントが起こったのは5月と推測され、日まで書かずに月で12歳になったことが表現できるには、佐原の誕生日は4月でなければならない。つまり、8)からさらにすすんで、佐原の誕生日は4月のはず

10)遊園地回で登場した、ナガシマスパーランドそっくりの遊園地の物語内での名前が「ギフニーランド」ということになる

11)「ギフ」ニーランドなので、大垣(岐阜県)→ナガシマスパーランド(三重県)と違って、物語内では硝子・将也らの地元からそれほどは離れていない設定である可能性が高い

12)だとすると、島田が特に引越しなどをせず、ギフニーランドでバイトしていたとしても不自然ではないので、島田が普通に高校生やってるということでも問題なさそう

13)佐原の姉がいまでもギフニーランド勤務なら、島田とつながりがある可能性が??

14)「い…(汗)」のところは、無理に予想するなら、門限の話(「きびしい…。(汗))かも。再会したとき、カラオケ回で「門限厳しかったもんね」という話をしているが、いつこの話をしたのかが分からないので


他にも分かることがあったら教えてください。
タグ:第47話
posted by sora at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

将也の眠る403号室は「Forbidden(アクセス禁止)」?

これは第47話だけの話題ではないですが、今回、第46話に続いて植野が「門番」になり、橋メンバーを軒並み病室から追い出しているところから、ようやく意味が「見えて」きたように思いますので、今回のコネタにします。

将也がICUから移された病室は、第44話で「403号室」だということが明かされています。


第44話、3ページ。

この403号室、植野が占拠?しているために、永束も佐原も追い返され、どうやら硝子については毎日通って毎日追い返されているようです。

まるで、植野という門番によって、病室へのアクセスが制限されているようです…。
という状況から、この403号室という病室の番号が、「HTTP 403 Forbidden」とかけてあることに気づきました。

403 Forbidden
HTTP 403 (WikiPediaより)


ウェブページ(HTTPプロトコル)で、ステータスコード403というのは「Forbidden」、つまり、ページやデータは存在するものの、アクセスする権限が与えられていないために拒否された、というステータスを表しています。

つまり、将也の病室が403号室、というのは、植野が「アクセスを管理する門番(セキュリティ)」となり、「橋メンバー」からのアクセスを「資格なし」として「Forbid(禁止)」している、という、現在の状況を象徴しているのだといえそうです。

では、いつ、硝子をはじめとする植野以外の橋メンバーは、403号室に「アクセス許可」される「権限」が得られるのでしょうか。
まあ、植野もそうそう長く立てこもってるわけにはいかないですし(いくら物語の設定だとしても、そもそも公立病院でそんな状況を長く続けすぎるとさすがに無理がでますし(笑))、せいぜい続いたとしてもあと1~2話程度じゃないかと思いますが…
ついでにいうと、植野はおそらく、「将也が目覚める瞬間を独占したい」と思っているのだと思われますので、いったん目覚めてしまえば、状況が変わるのではないかとは思います。

いずれにしても、予想もできなかった「植野篭城戦」という状況を呈してきていますので、今後どうなるか、興味は尽きないですね。
posted by sora at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

第6巻の硝子が第2巻の将也をリフレインしている、もう1つのポイントとは?

「橋事件」以降、硝子の表情は劇的に変わってきました。

1)橋事件のあと、デートごっこで自殺を決意するまでの硝子は、心ここにあらずで完全な無表情に。
2)自殺を決意してから決行するまでの硝子は、心を完全に閉ざす代わりに、現実感を失った乾いた作り笑い(フェイクスマイル)に。
3)そして、将也の文字通りの「献身」によって命を救われ、自分の選択の誤りを悟ったあとの硝子は、迷いを振りきったイケメン顔に。


第6巻は、基本的にこの最後の「イケメン」顔の硝子が、自分が壊してしまった(と考えている)ものを取り戻すために奔走する展開が続いていくようです。

そして、この展開は、第2巻、第3巻で将也が硝子に対してやろうとしていたことのリフレインになっている、ということは以前考察した通りです。

それらに加えて、ここしばらくの硝子の「表情」を見ていて、もう1つ、第6巻の硝子が第2巻の将也のリフレインになっている要素があることに気づきました。

それは、

硝子はいま、笑うことを封印しているようだ。

ということです。

橋事件前の硝子は、ベースの表情が「作り笑い」といってもいいくらい、常に作り笑いをすることで、自らを防衛していました。
そんな硝子が、飛び降り事件以降は、作り笑いを含めて、笑顔を封印しています。
連載で、最近の硝子の雰囲気が以前と全然違っているように感じるのは、もちろん能動的・積極的な行動によるところもあると思いますが、何より「笑わなくなった」ことが大きいんじゃないかと思います。

これは、第2巻の将也がほとんど笑わず、巻末の硝子の笑顔を見て「お前は笑っちゃだめだろ」と自分に言い聞かせているところとの対応を感じさせます。


第2巻185ページ、第14話。

きっといまの硝子も、将也のために、また「仲間」のために「なすべきことをやりとげる」までは、自分に笑う資格などない、と考えているのではないかと思います。

はたして、硝子の心からの笑顔は、いつ戻ってくるのでしょうか。
それはきっと、将也が目覚め、硝子が考える将也への「償い」がなしとげられ、そのうえで、将也から硝子に心のからの笑顔を向けたときなのだと予想します。

それはいつごろになるのでしょうか。
はやくまた、硝子の笑顔が見たいですね。
タグ:第14話 第47話
posted by sora at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

第47話、佐原を慕う後輩は、何度目の登場?

これもコネタですが、第47話で佐原の回想で登場した高校の後輩ですが、なんか見覚えがありますね。
実際、「佐原を慕う後輩」は、今回をあわせると、3回目4回目の登場になります。

最初に登場したのは、将也が硝子と一緒に太陽女子に佐原を探しに行ったときのことです。
このとき、学校の近くの道路に座り込んでいたのが、「後輩集団」の4人組です。


第3巻24ページ、第16話。

「佐原センパイなら もう帰りましたよ」

たしかに「佐原センパイ」と呼んでいますね。
1人はショートで黒髪、2人はロングで黒髪、1人はロングで茶髪ですが顔が見えなくてカップラーメン食べています。

その次は、将也が佐原を見つけた、朝のラッシュアワーの駅で。
※エントリ投稿後に見つけたので追記しました。


第3巻35ページ、第16話。

「佐原センパイ! おはよーございまーす!」
「一緒に行きませんかぁ?」


茶髪のロングの生徒と黒髪のロングの生徒のように見えます。
これは、最初に登場した4人組のなかの2人(うち1人はカップラーメンの子)のように見えます。

次に出てきたのは、遊園地回の植野の回想で。


第4巻55ページ、第26話。

「なんで これが 『金』なの?」
「この柄 ありえなーい! ちょっと気持ち悪いと思いません? ね? 佐原先輩!」
「だって先輩 知ってます? 植野先輩って 先輩の作品 滅茶苦茶に言ってたんですよ?」


後輩集団は3人。3人とも黒髪です。顔がまったく見えませんが、髪型がほかの2回と合致しません。
また、ちょっとしゃべり方も先の4人組よりも堅くて真面目な感じがします。
ですから、このときの後輩は、他の3回とは違うメンツである可能性が高そうです。(1人くらいはかぶってるのかもしれませんが)

そして今回、第47話です。


第47話、8ページ。

後輩集団は4人。1人は茶髪ですが顔が見えません。これは明らかに第3巻で登場したのと同じメンツになっています。

というわけで、佐原を慕う後輩は、特に親衛隊っぽい後輩が4人、それ以外の後輩にも慕われている、といった感じのようです。
校内のコンテストで入賞するくらいの実力と、モデルを頼まれてしまうほどのスタイルと長身で、人気を集めているのでしょうね。
そして「親衛隊」の4人のなかには、いつも顔が見えないという、どこかのお姉さんと同じ扱いになっている人が約1名いるようです(笑)。
posted by sora at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

聲の形の最終話の掲載号が確定!

つい先ほど、ツイッターで、「聲の形」の編集に関わられている @betsumaga さんが、以下のツイートをされました。




これまで、7巻完結、という話はありましたが、終了号まで明言されたのはこれが初めてです。

51号ですかー。

今回の「佐原回」の第47話が載ってるのが35号なんですよね。
そうすると、単純計算だと51-35=16、再来週が合併号なので1回マイナス、休載が0~1回程度と考えてあと14~15話、たしかにちょうど7巻分のボリュームが埋まるくらいの計算ですね。

51号ということは、11月くらいでしょうか。
なんかもうあっという間に来てしまいそうで寂しいですね。
posted by sora at 20:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 第7巻 | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

今日、8月5日はあの「橋崩壊事件」デーです!

さて、最終話の掲載号が明言されるなど、にぎやかな「聲の形」界隈ですが、今日、8月5日は、「聲の形」のなかで、夏休みの登校日での川井の「将也のいじめの過去の暴露」、そこから放課後の「橋崩壊事件」へとつながる重要な日です!

話数でいうと、第5巻収録予定の第37話後半から第39話までということになります。

本編では、ここから第6巻の冒頭まで、毎週毎週胃が痛くなるような展開の連続で、毎週読むのが辛かったですね。

ちなみに、この8月5日の「橋崩壊事件」に続く養老公園っぽいところへの「デートごっこ」にふたりがいったのは、明日8月6日だと推測されます。
ここから5巻終盤の花火大会まで、カレンダー的にも怒濤の展開ですね。
posted by sora at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 第5巻 | 更新情報をチェックする

第47話、新たな「なぜ知ってるのか?」問題

さて、将也の身代わり転落事件では、第44話で「植野がなぜ知っているのか?」問題が浮かび上がりました。

時系列と情報の流通経路から考えて、植野が少なくとも病院にやって来る前に「知っている」ことは考えられないにも関わらず、事前に手紙まで用意して硝子を責めるなど、明らかに「知っている」行動をとっている、という矛盾です。

この矛盾は、ストーリーの根底を揺るがすものですが、このまま放置されてしまうのか、「植野視点回」で回収されるのか(回収されるとしたら驚きの展開が待っていそうですが)、注目されるところです。

さて、ところで今回、第47話でも、同じ将也転落事件について「なぜ知ってるの?」という疑問が生まれる描写があります。

それは、

佐原が、事件の際の将也の細かい行動まで知っている。

ということです。


第47話、4ページ。

佐原がこんなことをつぶやいています。
「私だったら 落ちそうなショーちゃんを助けるために 走って手を掴むことができたんだろうか」

このつぶやきは、明らかに硝子飛び降り事件について、単に内容だけではなく、硝子と将也の詳細な行動まで(映像的に)知っていることを示しています。
もっと平たく言うと、佐原は明らかに「結絃カメラの動画」を見ているはずです(もしくは結絃から、動画を見るのと同等の、非常に細かい話を聞いています)。

でも、だとすると疑問が生じます。
いったいいつ、結絃は佐原に動画を見せたのでしょうか?

佐原がそもそも「本当は飛び降りたのは硝子だった」と聞かされたのは、第44話で病院の外で硝子に暴行をふるう植野の言葉を聞いたときです。
そのあと第45話では、西宮母とのバトルのあと、佐原は植野のそばに寄り添っており、結絃とは大した会話もしないまま別れています。

そして、今回の第47話が、そのあと初めて将也の病室に行った日ということになるでしょう。
そう考えると、結絃の動画を見たタイミングがちょっと見当たらないのです。

無理に考えると、

1)西宮母とのバトルのあと、ヒールの折れた靴の代わりに病院のスリッパを借りにいっているときに、結絃に動画を見せてもらった。

2)第45話で帰宅したあと、佐原が結絃に電話をして、細かい話を聞いた。


このどちらかくらいしか思い当たりません。

もう1つ気になるのは、結絃はあのデリケートな動画を、石田母以外の人間にまでホイホイ見せるのだろうか、ということです。

…ここまで書いていて思い出したことは、1つ前の第46話で、永束も硝子の飛び降りを知っていた、ということです。

そう考えると、1つの仮説として、

植野と西宮母のバトルが終わったあと、結絃・佐原・永束というガムシロ組のメンバーが一時的に話をする機械があった。
そこで、結絃はこのメンバーに限って、信頼できる相手としてカメラの動画を見せ、事件の詳細を語った。
その後、永束は帰宅し、佐原はスリッパに履き替えて植野のもとに戻り、結絃はその辺をぶらぶらしていて、後で植野につかまった。


という展開が隠されていた、と考えることができるかもしれません。
これなら、永束と佐原が詳細を知っていることをうまく説明できているように思います。

どうも、この「硝子の飛び降り、将也の転落の真相」については、情報を「知っている・知らない」の関係が錯綜していて、これが作者の意図通りなのか、微妙に破綻ないし矛盾しているのか、ちょっとはかりかねるところがありますね。
タグ:第47話
posted by sora at 08:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする

第47話 コネタ集

さて、第47話の話題のシメは、今回も「コネタ集」でいきたいと思います。
ここまでのエントリで取り上げてこなかったちょっとした第47話のネタ、注目ポイントをピックアップしていきます。
今回はややネタ切れぎみで、コネタを独立エントリとしてけっこう使ったこともあって、残っているコネタの数は少なめです。

1)佐原はヘッドフォン女子

佐原は、下校するときには大柄なオーバーヘッドヘッドフォンで音楽を楽しむ「ヘッドフォン女子」のようです。


第47話、12ページ。

ただ、登校するときは、今回も、3巻で将也と会った時も使っていませんが、これはラッシュだから安全のために聴かないようにしているんでしょうか。

ところで、今回はちょっとブログっぽいものを貼ってみたいと思います(笑)。


audio-technica 密閉型オンイヤーヘッドホン テレビ用 シルバー ATH-200AV

佐原みたいに外につけていくにはダサすぎですが、自宅で使うにはこの激安ヘッドフォン、音圧が高くてなかなかいいです。私はずっと何年も家ではこれを使ってます。
(このブログのエントリの原稿を書いているときもこれで音楽を聴きながら書いたりしています。)


2)ほんとにおさえてた植野

今回、佐原が将也の見舞いにいって病室のドアを開けようとしたら、開きませんでした。


第47話、13ページ。

そして、中から植野が開けました。

…ほんとに押さえてたんですね、植野が。
前回、第46話で、永束が「開かねー、押さえてやがる」と言ったのは(その場から離れて硝子と話をするための)演技なんじゃないか、とも思ったのですが、嘘じゃなかったということですね。
永束君を疑ったりして悪かったです(笑)。

それにしても、植野はすっかり立てこもり状態なんですね…。


3)低い靴を選んで履いてる佐原

第44話で、植野-硝子の修羅場(というか植野の一方的な暴行現場)に巻き込まれて、靴のヒールが折れてしまった佐原ですが、今回、学校にいくときに、ヒールの低い靴を選んで履いていることが分かります。


第47話、4ページ。

ヒールの折れた靴はまだ捨てずに残してありますね。これから修理するのでしょうか。

そして、このあと低い靴でつり革につかまる描写がありますが、ヒールを脱いだ佐原は極端に長身というわけではない印象です。


第47話、4ページ。

ちなみに、ここで「低い靴をはいた状態で」、学校から病室に寄っていく(それで植野や硝子に出会う)ことが、物語上ちょっとした意味を持たせてあるように思われます。
これについては、再来週あたり、合併号で新話の出ないネタ切れ期間(笑)あたりに連載エントリで触れようと思っています。
タグ:第47話
posted by sora at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第6巻 | 更新情報をチェックする